明けましておめでとうございます。
今年も「歩くセレクトショップ 齊藤美紀」をよろしくお願いいたします。

年末年始は、どのようにお過ごしでしたでしょうか?
私は早めにお休みを取り、主人と湯河原に一泊、お正月は主人の実家の新年会35人、私の実家の新年会22人と、お年玉配りおばさんになっていました(ーー;)
昨年夏から始めた日本ダイエット協会の数々の教えとご指導のお陰で、最近脳が少し賢くなり、お正月太りはありません (^^♪

 

さて、前回に続き26段階に分かれている100%クロージングの法則の中で、「営業下手だった主婦の私がどうして100%クロージング出来るようになったのか?神楽坂ランチ会」で私がお話をさせて頂いたポイントを4回シリーズでお伝えしています。

その1では、「人間関係を作る」について

その2では、「問診=相手のニーズを聞く」について

お伝えしました。

そして、その3は。。。

3.提案

お待たせしました!! ここでやっと、やっとあなたの商品、サービスの話をするプレゼンテーション タイムです。

とは言え、自分本位なプレゼンテーションをしたのでは今までの苦労が水の泡です。

2番であなたは相手に問診をし、相手の状況、問題点、望むことを把握しました。

「これから私が、あなたの問題点を解決し、あなたのお望みを叶えることが出来るプレゼンをしますが、聞きたいですか?」と言われたらどうでしょうか??

もちろん答えは「Yes」ですよね!!
万が一「No」と言われたとしたら、その人はとてもひねくれた人か、あなたが相手からとても嫌われているか、でしょう~

相手から「Yes」の同意を得ました。
あなたは、相手が聞きたいプレゼンテーションをするのですから、相手は耳ダンボになり真剣に聞いてくれるます。

通常の営業マンは、自分のプレゼンテーションを始めるのが、早すぎます。
え!それ私だ!!と思いませんでしたか??
だから相手にしたら内心、『どうして聞きたくもない話を聞かされなきゃいけないの?!』と作り笑顔をしながら、右の耳から左の耳へ。。。
または全く別の事を考えられているわけです。

主客一如

主と客が一緒である相手と一緒になってプレゼンテーションを作る。

これこそが、プレゼンテーションの真髄です。
ここまで行くには、もちろん訓練が必要です。
これが100%クロージングに至る最大の要因です。

次回は100%クロージングの法則の完結編についてお伝えいたします。

本日のご感想、ご質問、問合せは、LINE@の友達追加ボタンを押してください。

LINE@_QR