こんにちは 齊藤美紀です。

先日、私の愛する師匠 武田吉康先生がゲストスピーカーを務める、次期人間国宝の辰巳 満次郎さん「能」鑑賞の会に参加してきました。コレド室町の中にある水戯庵。こちらはお食事をしながら能鑑賞が出来るという、今までとはちょっと違った場所です。

ご一緒した経営者の方々は「今年一番良かったです!」と言われていた位、感動的な夜でした。

300年前の能面を前に解説をしていただきましたが、ちょっとした面の動きで表情が全く違うんです!!日本文化、芸術に疎い私ですが、満次郎さんのなんとも表現しがたい声には惚れました(*^。^*)

さて前置きが長くなりましたが、なんで営業のプロである武田先生がゲストスピーカーとして白足袋を履き、能舞台で話をされたのか?

それは、究極の営業とは、芸術だからです。

「歩くセレクトショップ」の私が感銘を受けたのが、まさに武田流芸術的営業道なんです。

営業とは、一つ、一つの作品である

営業とは、「交渉」の一分野であり、ひとつの形です。

究極の営業とは、

目の前にいる相手にプレゼンテーションをする度に、一つの作品が出来るような感覚です。

1回のプレゼンテーションが一つの作品す。それゆえ、やる度に違うし、大作もあれば小さい作品もあります。

綺麗なプレゼンテーションというものには、相手の抵抗感が全くありません。

 

相手と一体になること

さて、その作品を作る基本は?

目の前にいる相手と一体になることです。

目の前にいる相手と一体になり動いていることダンスを踊っているようなイメージです。

芸術的営業道とは?

1.目の前にいる相手に自分の商品、サービスの説明をする前に、
相手の答えは決まっている。要はYesである感覚がお互いある

2.お互いにメリットがある結論に至るので、相手が抵抗することはない。

3.物を売る、頭を下げてお願いをすることではなく、日本文化や柔道・剣道のような
型を身につけること。

今日は、日本文化を通して、100%クロージングの法則の集大成でもある「武田流芸術的営業道」について少し書かせていただきました。

日本人として、伝統的ある日本文化に触れる時間を持つことが大切だな~と感じたひと時でした。

辰巳満次郎さんの「能」イベント日本文化が世界を救うに、ご興味を持たれた方に次回のお知らせです。

2月12日火曜日 コレド室町 水戯庵

参加費:15,000円 (能、解説、食事、ドリンク付)

限定40名

☆お申込希望☆ ←こちらをクリック下さい。

芸術的営業道、「能」鑑賞についてのご感想、ご質問、問合せは、LINE@の友達追加ボタンを押してください。

LINE@_QR