こんにちは、歩くセレクトショップの齊藤美紀です。

6月30日 弘文社より発売された

精神科医 山下悠毅さん著「いい子をやめればしあわせになれる」の出版記念講演会に行ってきました。

山下先生の専門は、女性のパーソナリティ障害、性依存症、ギャンブル依存症ということもあり、男女問題の例題も多く「あるある」って感じですごく面白かったです。

出版記念講演会のお題は、「自己肯定感を高める」ただ一つの方法 

初めの課題は、「自分のことをどう思っているか?」思いつくまま9個書き出してみること。

私の記載はこんな感じでした。

私は、まじめ

私は、人がいい

私は、自由

私は、周囲の空気を読む

私は、わがまま

などなど9個

自己肯定感とは、ありのままの自分を認められる気持ち

この自己肯定感を高める方法は?? ⇒「対人関係能力の高め方」を理解し実践できること

ついつい仕事のことを考えてしまう私は、これって、まさに営業と同じことじゃない?!っと思いました。

営業とは、交渉術!!

営業において、対人関係能力は必須。そして何より自己肯定感といわれる自分を信じ、認めていないことにはお話になりません。

怒りの有無と大切な人との連続した関係性

「対人関係能力の高め方」を理解し実践できること

そのバロメーターが

怒りの有無

大切な人との連続した関係性

ここで、二つ目のワークをしました。

私が不満や怒りを感じている人は??

やはり身近な人、身内でしたね。

そして何よりも、この出版パーティーで私が得た大きな発見とは!!

それは。。。

それは。。。

怒りの正体

怒りの正体とは、全て自分の期待からきていること!!

16年前に自己探求プログラムに出た頃のことを思い出しました。

そうなんです。「期待は働かないよ」一緒に学んでいた友達がよーく言っていた言葉です。

幸せになりたいなら??

私の一番の大きな発見がこれこれ!!

勝負に勝ちたいのか? or 幸せになりたいのか?

これ凄い選択だと思いません??

幸せになりたいなら、責めない!!

望ましい行動をしたら褒める!!

いや~~ 勝ち負けに走る私としては、最高の学びでした!!

怒りが爆発したら、一呼吸おいて、『美紀ちゃん 幸せになりたいの??』と自問しようと決めた、山下さんの出版講演会でした(^^♪