こんにちは、齊藤美紀です。

営業素人の私ですが、月に1-2回「どうして営業下手だった私が100%クロージングが出来るようになったランチ会」を開催しています。

私が100%クロージングの法則を伝授できるようになったのは、推薦文も頂いている、大変尊敬する武田吉康先生に、営業道ともいえる営業の極意を学んだからです。

さて今日は、武田流芸術的営業術根本となる「営業」についてお伝えいたします。

「営業が大好きなんです!」っという人はたまにお会いしますが、「営業マン大好き」 という人はあまりいないと思います。。。

営業というと、普通の人は「人に頭を下げてモノを買ってもらうみじめな仕事」だというイメージがあります。

私も武田先生に出会うまではそうでした。

私は、自分が興味を持ったものは、そこそこ売れる自信はありました。しかし営業という仕事には就きたくない。営業マンには近づきたくない。それが本音でした。

しかし、武田先生の学びを得てからは、営業のイメージが180度変わりました。

実はほとんどの人が、きちんとした営業の教育を受けたことがない。そして野球選手に例えるなら、プロ野球選手のプレーを見て野球選手に憧れることはあっても、プロ野球選手のような営業のプロには、会ったことがない。これが現実です。

営業とは?? =交渉

「売ること」でははありません。交渉です。

私の100%クロージングランチ会にいらしていただける方にも、「営業は必要ないんです」という方がいますが、実は誰にでも必要なことなんです。

だって、交渉だから。

あるデーターによると、あらゆる業種で仕事時間の40%が人が人を動かすことに充てられている。と言われています。

・お客様にプレゼンをする

・部下に仕事を依頼する

・上司に提案をする

・夫に家事を頼む

・子供に宿題をやるように言う

・妻にお小遣いの値上げをお願いする

これら全て交渉です。実は大きな枠でくくると営業です。

OL時代の上司は、よく奥様に対して「家庭内営業」「家庭内接待」と言っていました 笑

AI時代といわれる今日、今後なくなる仕事が取上げられていますが、機械には出来ないこと、これこそがまさに交渉です。

例えば、チェスの世界ではAIが名人に勝っていますが、コンピューターにはゲームのルールを変えることは出来ません。

交渉とは、ゲームのルールが途中で変わります

だからこそ人間にしか出来ないことなのです。

「お困りごとはなんですか?」

営業とは、交渉と申しましたが、もっと言うと

人の感情を揺さぶること

人の感情を動かすこと

情熱は絶対に必要です!!

そして、相手の困ったを解決することです。

まさに、「お困りごとはなんですか?」

お互いのメリットを得るためのもの

これが営業のゴールです。

1.相手の問題を発見する

2.それを解決する

3.相手を教育する

これが武田流芸術的営業のメソッドです。

これこそが、営業の根本であり、100%クロージングの法則に入る前の初めの一歩です♪

☆お知らせ☆

次回の「どうして営業下手だった私が100%クロージングが出来るようになったランチ会」は、

7月23日月曜日 12:00-14:00 神楽坂にて開催

ご質問がある方、LINE@の友達追加ボタンを押してくださいね。LINE@_QR

 

友だち追加