こんにちは、齊藤美紀です。
今日は、交流会へ集客するための3つのコツをお伝えいたします。

お一人お一人、丁寧にご案内を差し上げる

当たり前のように聞こえますが、これはとても重要なことです。

Face Bookのイベントページには、便利な「招待機能」もありますが、これだけ情報の多い時代、イベントページの「招待機能」で一斉に友達を招待して、集客つもりでいたら、それは大きな間違えです。せっかく時間をかけて一生懸命「招待機能」ボタンを押したとしても相手にスルーされるだけ。それ以上に嫌悪される可能性さえあります。

ちなみ、あるマーケッターが実験をしたところ、イベントに1,000人を「招待機能」でご招待したところ、参加したのは、なんとわずかに2人だったとか。これぐらい確率が悪いそうです。

1.まずは、手紙を書く要領で季節の挨拶を入れます。

次に、お一人ずつ丁寧に、あなたからのメッセージが届いて嬉しい!と思うような相手に宛てたポジティブなメッセージを書きます。例えば相手の投稿に関する感想など ←この一言が重要です!!

相手のメリットを提案する

人は通常、「快楽を得る」と「苦痛から逃れる」のどちらかでしか行動しないと言われています。

そのためには、相手のメリット、欲しい事、困っていること、を知っておく必要があります。

とは言っても全ての人のメリット、欲しい事がわかっているとは限りませんよね。

ご安心ください!! あなたが主催する交流会のメリットをお伝えすればいいのです。

例えば、私がやっている交流会の場合ですと、

「神楽美サロン会」 神楽坂で美味しいものを頂きながら、交流を深め、学びを得る会 ⇒美味しいものを食べたい、仲間が欲しい、色々な学びをしたい、こんなことが叶う会です。

「100%クロージングの法則伝授ランチ会」 ランチタイムを有効利用し、クロージング率をアップさせ売上を上げる方法を伝授する会 ⇒どうせランチをするんだったら、色々な人と出会いたい、クロージング率を上げたい、営業力をつけたい、そんな学びの会です。

1ヶ月以上前には集客を始める

どんなに魅力的な交流会でも、直近のご案内ではみなさん予定が埋まっていますよね。

可能な限り、1ヶ月以上前、週末のイベントであれば2ヶ月前にはご案内を始めましょう。

また、もし開催する交流会の候補日が2回以上ある場合は、日付は2つ記載しましょう。

これは100%クロージングの法則の一つでもある、「2者択一の法則」とも繋がります。ちなみ3択だと反応が下がるという実験結果も出ています。

最後にもう一つ

1回目のご案内では、あえてイベントページなどのURLは入れません。

相手から返事が来た時点で、その返信に対して詳細をお伝えいたします。

ご質問がある方、交流会についてのご案内が欲しい方は、LINE@の友達追加ボタンを押してくださいね。LINE@_QR

 

友だち追加