北塔久美子様

1978年北海道旭川市生まれ
大学時代にNPOを通じてネパールにてチーズ工場の設立に尽力。卒業後、ニュージーランドにて小学校の日本語教師を経験し、帰国後大手上場企業に入社。入社後約2年で、病気を患い会社を辞めて独立。

《美容分野》表参道にて、広告宣伝せずに13年間クチコミでエステサロンを経営。「魔法の手を持つエステティシャン」として口コミで広まり、独自メソッド「セルフ小顔セミナー」を開発。各地で100人規模の企業セミナー、夕刊フジとコラボで産経ビルにてイベント開催など。J-WAVEなどのラジオ・雑誌出演多数。

《マーケティング分野》
・3年半で25,000人以上を動員する交流会ニーズマッチの創設者兼副代表
ビジネスモデルの設計、研修コンテンツの制作、イベント企画などを担当
・年間100名以上のビジネスモデル構築に関わるコンサルティング
OLや個人事業主から、社員を抱える中小企業まで幅広くコンサルティングをしている
・ビジネススクール三方塾代表・三方塾ライト代表を務める
生徒には、元NHKアナウンサー、カンボジアで初のメイド喫茶元経営者、NTTの物件3,000棟を管理する会社の代表など。
・化粧品会社のDM反響率37.5%、DMで既存顧客からの売上1,000万円を売上るなど。
・著書「資金0人脈0知識0から顧客獲得をする一生困らない集客術」

本当に良いと思ったものを、必要としている人に伝えたい。そんな思いをどんどん形にするのが、美紀さんのすごいところです。

人に伝えるというのは、間違うと価値観の押しつけになることもあります。それを相手が必要なんだなと納得し、自ら話を聞かせて欲しいと思わせることができるのが、齊藤美紀さんという人です。

彼女が学ぶ「武田流芸術的営業術」は、再現性のあるもので、誰でも習得が可能です。

元々は営業がとても苦手だったという美紀さんですが、今ではそのことが信じられないほどの営業センスをお持ちです。それは、売り込みではなく、自分が真に良いと思ったものを必要だと感じている人に伝えていく。そこには相手の立場にたつ思いやりと、優しさが溢れています。

彼女のこんなエピソードがありました。

あるサービスをどうしても購入したいという方がいました。決めるのは本人ですが、希望者の現在の収入と稼ぐ力を考えてまだ早いと判断して強く購入することに反対をしました。その代り、それを購入出来る様になるまで頑張ろうねと別の形でサービスを提供し、サポートしています。

そんな美紀さんだからこそ、今後は、「武田流芸術的営業術」を通じてたくさんのキラキラ輝く女性を輩出してくれるでしょう。